TOP

カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ

スマートフォンでコーディング

  1. スマホアプリでコーディング
  2. アプリセットアップ
  3. 通常モードでコーディング
  4. 通常モード車種別メニュー
  5. エキスパートモードメニュー
  6. FAQよくあるご質問

パソコンでコーディング

  1. イントロダクション
  2. 無償ソフトウェア入手
  3. コーディングの種類
  4. コーディングの実施
  5. コーディング一覧  
  6. ISTA+/Rheingold  

DIYの部屋

  1. シリーズコードの調べ方
  2. BMW F10エアコン異臭対策
  3. MINI アクティブクルーズコントロール・ストップ&ゴー機能の有効化
  4. F10電動トランクをDIY取付
  5. F30電動トランクをDIY取付
  6. F30タッチパネル有効化
BimmerUtility BMW/MINIコーディングツール
17,800円(内税)
購入数

BimmerUtility BMW/MINIコーディングツール
17,800円(内税)
E-Sysと組み合わせてBMW/MINIのGシリーズおよびFシリーズのコーディングを行うためのツールです。
(E-SysについてはダウンロードURLをお知らせいたしますので、直接ご自身でダウンロードして下さい)

最新車両、もしくは古い車両でもディーラーでプログラムバージョンのアップデートを実施している場合は、無料版LauncherPRO2.8.1ではコーディングパラメータの解析ができないことがあります。このような場合は最新のコーディングデータを解析するため、BimmerUtilityが必要となります。

動作条件
 本商品はVMWareなどの仮想PC(Virtual PC)でのご使用はできません。また、MACのWindows環境も対応しておりません。OSについてはWindows10またはWindows11が必要となります。
 本商品はPC1台につき1ライセンスとなりますので、パソコンを切り替えてのご利用は原則としてできません。万が一インストールしたパソコンが故障した場合などやむを得ず別のパソコンに再インストールしたい場合は、個別にご相談ください。







本商品の特徴
1.ライセンスは無期限
 TokenMasterが提供しているLauncherProのライセンス期間は3年ですが、本商品のライセンス期限は無期限です。

2.最新車両に対応
 無料版LauncherPro2.8.2は2017年8月に作られたため、そのパラメータ解析機能は、2017年8月以降にリリースされたBMW/MINIのニューモデルに対応していません。従って、Gシリーズなどの最新車両を無料版LauncherProでコーディングしようとすると、ボディドメインコントローラーなどの重要なECUについてパラメータを表示することができないのです。これは致命的なデメリットです。これに対して本商品は最新車両のパラメータ解析にも対応しています。また、新型車両が発売された場合は定期的にコーディングデータのアップデートを無料で受けることができます。

3.ライセンスを確実に入手
 TokenMasterからLauncherProを入手しようとする場合、めぐまれない方々へ50ドル以上の寄付を行わなければなりませんが、この寄付を行ったとしても、必ずしもトークンマスターから連絡があるとは限りません。寄付だけして入手できないというトラブルが多発しています。その点、本商品は確実に最新版のコーディングソフトウェアを入手することが可能です。

ご購入後の手続き
1.ご購入頂きましたら、ライセンスコードとともにBimmerUtilityをダウンロードするためのURLをお知らせ致しますので、ダウンロードしてマニュアルに従ってパソコンにインストールしてください。

よくあるご質問
Q1.パソコンを買い替えた場合、ライセンスを引き継ぐことはできますか?
A.ライセンスはハードウェアID(HWID)に対して付与します。HWIDは、パソコンのCPUやチップセット、ストレージなどの主要コンポーネントのハッシュ値から計算した当該PCに固有の文字列です。新しいパソコンのHWIDは古いパソコンのHWIDと異なるため、ライセンスを引き継ぐことはできず、新しいライセンスが必要となります。これは、再発行後も古いパソコンを使い続けることによって実質的にライセンスの無償発行が可能となってしまうことを回避するための措置です。ただし、パソコンが故障した場合などやむを得ない場合はライセンスを引き継ぐ手続きを実施致しますので、個別にご相談ください。

Q.パソコンのOSを再インストールした場合、ライセンスを引き継ぐことはできますか?
A.単にOSを再インストールしただけではHWIDは変わらないため、既存のライセンスコードを再利用することが可能です。ただし、OS再インストール時にHDD等のパーティションを変更した場合はHDD等のハッシュ値が変わってしまうため既存のライセンスコードを再利用できなくなります。その場合はその旨および新しいHWIDをお知らせ下さい。新旧HWIDを比較し、HDDのパーティションを変更しただけであることを当方にて確認したうえでライセンスを再発行させて頂きます。

Q.パソコンのHDD等を交換した場合、ライセンスを引き継ぐことはできますか?
A.HDD等を交換するとHWIDが変わりますので、既存のライセンスコードを再利用できなくなります。その場合はその旨および新しいHWIDをお知らせ下さい。新旧HWIDを比較し、HDD等を交換しただけであることを当方にて確認したうえでライセンスを再発行させて頂きます。

Q.パソコンのOSは何に対応していますか?
A.Windows10(64bit),Windows11(64bit)に対応しています。

Q.LauncherProをWindowsやMacの仮想環境で使用することはできますか?
A.大変申し訳ございません。現在、MacおよびWindowsの仮想環境でのアクティベートは中止させて頂いております。仮想環境でのご利用はできませんのでご注意ください。

Q.このLauncherProが対応しているE-Sysのバージョンはいくつですか?
A.本商品はE-Sys3.38.2の64bit版にのみ対応しています。もしお手元にE-Sys3.38.2がなくても、別途入手可能なURLをご連絡致しますのでご安心下さい。

Q.古いバージョンのE-SysとE-Sys3.38.2を共存させることはできますか?
A.はい、できます。ただし、同一のインストールフォルダにインストールした場合は旧E-Sysが上書きされてしまうので、共存させる場合はE-Sysのバージョンごとに異なるインストールフォルダを指定してください。

この商品を購入する