TOP

カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ

スマートフォンでコーディング

  1. スマホアプリでコーディング
  2. アプリセットアップ
  3. 通常モードでコーディング
  4. 通常モード車種別メニュー
  5. エキスパートモードメニュー
  6. FAQよくあるご質問

パソコンでコーディング

  1. イントロダクション
  2. 無償ソフトウェア入手
  3. 有償ソフトウェア入手
  4. コーディングの実施
  5. コーディング一覧  
  6. ISTA+/Rheingold  

DIYの部屋

  1. シリーズコードの調べ方
  2. BMW F10エアコン異臭対策
  3. MINI アクティブクルーズコントロール・ストップ&ゴー機能の有効化
  4. F10電動トランクをDIY取付
  5. F30電動トランクをDIY取付
  6. F30タッチパネル有効化
  • ホーム
  • MINI アクティブクルーズコントロール ACC ストップ&ゴー機能の有効化
 今回は、こちらの商品のご紹介です。

 MINIアクティブクルーズコントロール・ストップ&ゴー機能有効化



 MINIの中でも一部の車両については、時速30km以下になるとアクティブ・クルーズ・コントロールがキャンセルされてしまい、手動でのアクセル・ブレーキ操作に切り替わってしまいます。
 例えば高速道路での渋滞などで時速30km前後のノロノロ運転を繰り返している時は、頻繁にアクティブ・クルーズ・コントロールがキャンセルされてしまい、そのたびに再度設定する必要が生じ、大変煩わしい経験をしたことがありませんか?
 そのような車両でも、このオプションキットをご購入頂くことで時速30km以下での自動コントロール(ストップ&ゴー)を有効化することができます。
 ストップ&ゴー機能を有効化することによって、時速30km以下でも前走車両に追従して自動でアクセルやブレーキを制御し、前走車両が停止すれば自車両も完全に停止するところまでコントロールしてくれるようになります。そして、停止している間はブレーキペダルを踏まなくても自動でブレーキを作動させて停止状態を維持してくれます。もちろん手動でサイドブレーキを引く必要はありません。前走車両が走行を開始すると、メーターパネル中央のアクティブクルーズコントロール・インジケーターが点滅し、再発進を促しますので、ステアリングスイッチのRESボタンを押すか、軽くアクセルペダルを踏むことによって再びアクティブクルーズコントロールがスタートします。ぜひこの機会にご検討ください。
 
■対応車両
 MINIシリーズのうち、
 (1)アクティブクルーズコントロールが装備されており、
 (2)かつ、時速30km以下でアクティブクルーズコントロールがキャンセルされてしまう車両
 ※サイドブレーキは手動でも問題ありません。
 ※主にF55,F56,F57が対象ですが、上記条件に該当すれば、F54やF60の車両にも対応します。
 (日本仕様ではF54やF60は標準でストップ&ゴー機能が有効化されている場合が多いです)

■実施条件
 本商品は、別途販売しているENETケーブル+コーディングマニュアルセットに対する追加オプションですので、過去に当店にてENETケーブル+コーディングマニュアルセットをご購入頂いたことがない場合は、効果を保証させて頂くことができません。
 もし当店にて過去にENETケーブル+コーディングマニュアルセットをご購入頂いたことがない場合は、本商品と同時にENETケーブル+コーディングマニュアルセットもご購入頂くことをおすすめいたします。